カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

開店祝い・開業祝いの金額の相場としきたり&マナー

開店祝い・開業祝いの金額の相場


現金の場合


親から子へ・・・20,000円〜50,000円(平均で30,000円程度)

子から親へ・・・10,000円〜50,000円(平均で20,000円程度)

兄弟姉妹へ・・・10,000円〜50,000円(平均で20,000円程度)

親戚へ・・・10,000円〜50,000円(平均で20,000円程度)

友人へ・・・5,000円〜30,000円(平均で10,000円程度)

知人へ・・・5,000円〜10,000円(平均で5,000円程度)

取引先へ・・・10,000円〜50,000円(取引の関係により上下)

金額の相場はこんな感じですが、もちろん贈る方との関係やお付き合いの程度によって変わってきます。


金額で迷った場合は少し多めに贈るか品物や花と一緒に贈るのがよいでしょう。

但し、4万円と9万円は死や苦を連想させるためタブーとされています。

表書き・・・『祝開店』 『開店御祝』 『祝御開業』 『開業御祝』

水引・・・のし付き金銀蝶結び・のし付き紅白蝶結び

時期・・・オープン当日かオープン前までに


品物の場合


親から子へ・・・20,000円〜50,000円(平均で30,000円程度)

子から親へ・・・10,000円〜50,000円(平均で20,000円程度)

兄弟姉妹へ・・・10,000円〜50,000円(平均で20,000円程度)

親戚へ・・・10,000円〜50,000円(平均で20,000円程度)

友人へ・・・5,000円〜30,000円(平均で10,000円程度)

知人へ・・・5,000円〜10,000円(平均で5,000円程度)

取引先へ・・・10,000円〜50,000円(取引の関係により上下)


表書き・・・『祝開店』 『開店御祝』 『祝開業』 『開業御祝』

のし紙・・・のし付き金銀蝶結び・のし付き紅白蝶結び(お酒を贈る場合はのしを付けない)

時期・・・オープン前日までに届くように


開店祝い・開業祝いのマナー

開店・開業の御祝いに関しては、目上の人に現金を包んでも失礼でないとされています。

品物を贈る場合は、掛け時計、鏡などのインテリア用品や観葉植物、酒類を贈るのが一般的です。

ただ品物を贈るより、お店名や会社名の入ったオリジナルのプレゼントを贈ると、より気持ちが伝わり更に喜んでいただけるでしょう。

注意すべきは、灰皿、ライター、キャンドルスタンド、ストーブなどの暖房器具のように火にまつわる物は「火事」を連想させるためタブーとされています。

花を贈る場合も同じ理由から真紅の花はタブーとなります。

開店・開業をした人にとって一番うれしい事は、お店にちょくちょく顔を出したり、友人・知人にPRしたり紹介してあげる事です。

オープン後もお付き合いを大切にしていきたいですね。


開店内祝い・開業内祝いの金額とマナー

開店・開業に際しオープニングパーティー等を開く場合はパーティーに招待することがお返しになるのでマナーとしてはお返しの品は必要はないとされていますが、一般的にはパーティーの際に自社製品や、お店や会社のロゴ入りの記念品などを配る事が多いようです。

お祝いをいただいたのにパーティーに出席いただけなかった方にはお礼状を添えた記念品を贈りましょう。

また、業種によってはパーティー等のお披露目を行わない場合も多くあります。

その場合は開店・開業祝いをいただいた方に内祝として記念品を差し上げましょう。

内祝の品の金額はいただいたお祝いの金額や品物の金額にかかわらず一律でかまいません。


金額・・・1,000〜2,000円

表書き・・・『開店記念』 『開業内祝』 『内祝』

のし紙・・・のし付き紅白蝶結び